WordPressでSSL化したとき、CSSやJavaScriptがhttpのままで読み込めないときの対処法

投稿者: | 2019年9月20日

一部のレンタルサーバーでは、WordPressで作成したサイトを http → https に変更したとき、読み込まれるCSSやJavaScriptが http のままになり、サイトに適用されないということがあるようです。
このような場合、レンタルサーバーのサイトに対処法などが記載されていると思いますので、それに従って設定すればよいでしょう。

ここではもっと身近な、自分のローカル環境に構築したサーバーでもこのような状態になったときの、一つの対処法です。

私の場合、ローカルのPCには VirtualBox+Vagrant で開発環境を作成しています。オレオレ証明書でhttpsによるアクセスもできるようにしており、複数の案件でhttpsのアクセスが可能であることを確認済みです。
WordPressを使用した案件もいくつかあり、案件ごとにそれぞれWordPressをインストールして使用し、これもhttpsでアクセスできます。

ところが、1つだけ純粋にテスト用としてインストールしているWordPressだけが、タイトルのような状況になりました。

WordPressの管理画面で、WordPressアドレス、及びサイトアドレスを https://*** に変更すると、ページのテキストは読み込まれますが、CSSやJavaScriptを http から読み取ろうとし、サイトに適用されなくなりました。
こうなってしまうと管理画面にもログインできなくなります。

対策

WordPressをインストールしたディレクトリのルートに、wp-config.php というファイルがあります。
wp-config.php に以下の内容を追記します。

$_SERVER['HTTPS'] = 'on';
$_ENV['HTTPS'] = 'on';

これで、CSSやJavaScriptもhttpsで読み込まれるようになり、正常に表示されるようになりました。

補足

WordPressの設定を変更する前に、そもそもhttpsが使用できるのか、.htaccessに問題ないかなどを確認しておきましょう。その上でこのような症状が発生したとき、上記の設定を試してみるといいかもしれません。

ADs
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)